体操ワールドカップ東京大会2018 速報結果

体操個人総合の大会である「体操ワールドカップ東京大会2018」の結果を速報でお届けします。選手ではなく国別での4大会の大会成績で優勝が決まるこの大会は東京大会が最終戦となります。ここまで男子はアメリカと並ぶ首位、女子は2位とメダル圏内での活躍を見せています!


一平ちゃん
ついに最終戦を日本開催という最高の舞台で迎えましたー
sunさん
男女ともに次世代の体操界を背負う逸材が登場という事で盛り上がる事間違いないでやんす!
コルネ氏
女子の優勝は難しくなりましたが、男子の優勝に期待しているのでしゅ
スポンサーリンク

体操ワールドカップ東京大会2018

大会日程:2018年4月14日

会場:東京体育館(日本・東京)

開始時刻:11:30(開会式)~

【日本からの出場選手】

◆男子・・・白井健三、谷川航

◆女子・・・村上茉愛、杉原愛子

日本男子の結果
選手名 白井健三 谷川航
ゆか 15.200 14.500
あん馬 13.533 12.433
つり輪 13.766 14.300
跳馬 14.966 14.900
平行棒 14.466 14.333
鉄棒 14.133 13.933
合計得点 86.064 84.399
順位 優勝 準優勝
日本女子の結果
選手名 村上茉愛 杉原愛子
跳馬 14.566 14.000
段違い平行棒 13.700 13.500
平均台 13.700 11.233
ゆか 14.566 13.200
合計得点 56.532 51.933
順位 優勝 6位

優勝者と日本勢の成績

優勝者
大会 男子 女子
シカゴ大会 ユル・モルダーウアー モーガン・ハード
シュトゥットガルト大会 ダヴィド・ベルヤフスキー ZHANG Jin
バーミンガム大会 野々村笙吾 アンジェリーナ・メルニコワ
東京大会 白井健三 村上茉愛
日本勢の成績
大会 男子 女子
シカゴ大会 白井健三(6位) 村上茉愛(2位)
シュトゥットガルト大会 田中佑典(3位) 梶田凪(7位)
バーミンガム大会 野々村笙吾(1位) 畠田瞳(5位)
東京大会 白井健三(1位)
谷川航(2位)
村上茉愛(1位)
杉原愛子(6位)
総合最終結果
順位 男子 女子
優勝
準優勝
3位
4位
スポンサーリンク

記事をシェアする

トップへ戻る