別府大分毎日マラソン2019 結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

平成31年度の第68回別府大分毎日マラソンの結果を速報でお伝えしていきます。昨年は、園田選手とモクゴブ選手の優勝争いに多くのマラソンファンが熱狂しました。今年も園田選手とモクゴブ選手が出場予定ということで2人の戦いに熱視線が送られそうです。そしてMGC出場権争いにも注目が集まります!


一平ちゃん
ニュースター誕生なるかー?!
sunさん
デスモンド・モクゴブ選手の大会2連覇なるかー?!海外招待選手vs日本勢の戦いに注目でやんす!
コルネ氏
東京五輪へ向け、MGC出場権獲得者に注目でしゅ
  • 前回優勝者:デスモンド・モクゴブ選手。
  • 日程:2019年2月03日(日) 12時00分スタート
  • テレビ中継はTBS系で放送されます。

【関連記事】
福岡国際マラソン 結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

別府大分毎日マラソン2019 結果

5.0キロ

12時00分、レースが予定通り開始!大きな先頭集団が5キロを約15分で通過。

10.0キロ

約40名ほどの大きな先頭集団が10キロを約30分20秒で通過。11キロ付近で岡本直己選手が転倒。15キロ手前、荻野晧平選手が先頭集団からやや遅れる。

15.0キロ

先頭集団が15キロを約45分15秒で通過。先頭集団・約25名でレースが進む。

20.0キロ

先頭集団が20キロを約1時間0分30秒で通過。先頭集団には海外招待選手、園田選手、大六野選手、上門選手、伊藤選手など約20名。25キロ付近で荻野晧平選手が棄権。

25.0キロ

先頭集団が25キロを約1時間15分50秒で通過。

30.0キロ

先頭集団が30キロを約1時間31分15秒で通過。ペースメーカーが役目を終えレースが動き出すか?! 32キロ付近、先頭集団は14名。
海外招待選手4名が抜け出しラクーアヒ選手がトップに躍り出る!

35.0キロ

先頭・ラクーアヒ選手が35キロを約1時間46分30秒で通過。36キロ付近、日本人トップは二岡選手、岩田選手。 38キロ付近、日本人トップは二岡選手。その後ろには岩田選手、橋本選手が続く。

40.0キロ

単独トップのラクーアヒ選手が40キロを約2時間01分45秒で通過。2位にはゴダナ選手、3位には二岡選手、アダネ選手。5位には橋本選手、岩田選手。日本人3選手の2時間9分台でのゴールが近づく!

2018年
 5キロ 

気温(約4℃)が低い悪条件の中でレースがスタート!大きな先頭集団でレースが進む!

 10キロ 

30~40名ほどの先頭集団でレースが進む!

 15キロ 

30名ほどの先頭集団でレースが進む!

 20キロ 

30名ほどの先頭集団でレースが進む!先頭集団には服部翔大選手、園田隼選手、谷川智浩選手、伊藤太賀選手などなど。21キロ過ぎ、伊藤太賀選手が突如、遅れだす。

 25キロ 

先頭集団は約20名に絞られた―!海外招待選手のキプリモ選手、キプロノ選手、モクゴブ選手、プジェジンスキ選手なども先頭集団で激走中!

 30キロ 

依然として約20名ほどの先頭集団でレース終盤へ!一般参加の小山司選手、藤川拓也選手も先頭集団で激走中!やや先頭集団が縦長になってきたーいよいよレースが動き出す!園田隼選手がしかけて前に出る!

 35キロ 

先頭は園田隼選手、すぐ後ろにモクゴブ選手!その差は1,2秒か。その後ろには少し離れて大塚祥平選手、キプロノ選手も激走中!36キロ付近で園田隼選手とモクゴブ選手が並んだー!レースは2人の対決に絞られたか?!このままいくと2時間8分台のタイムが予想されます!

 40キロ 

先頭争いは園田隼選手とモクゴブ選手!3位は大塚祥平選手!レースはいよいよクライマックスへ!勝負はトラックまでもつれこんだー!!

最終結果

2019年2018年

優勝はヒシャム・ラクーアヒ選手(モロッコ)!

◆二岡・橋本・岩田選手がMGC出場権獲得!

2019年
順位選手名タイム
優勝ヒシャム・ラクーアヒ2時間08分35秒
2位アブデラ・ゴダナ2時間09分04秒
3位イフニリグン・アダネ2時間09分11秒
4位二岡康平2時間09分15秒
5位橋本崚2時間09分29秒
6位岩田勇治2時間09分30秒
7位兼実省伍2時間10分19秒

優勝はデスモンド・モクゴブ選手(南アフリカ)!

2018年
順位選手名タイム
優勝モクゴブ2時間9分31秒
2位園田隼2時間9分34秒
3位大塚祥平2時間10分12秒
4位キプロノ2時間10分54秒
5位小山司2時間11分20秒
6位藤川拓也2時間11分59秒
7位髙久龍2時間12分12秒

別府大分毎日マラソン 近年の優勝選手

年度優勝者
2019ヒシャム・ラクーアヒ
2018デスモンド・モクゴブ
2017中本健太郎
2016メラク・アベラ
2015ツールデ・エスティファノス
2014アブラハム・キプリモ
2013川内優輝