東京マラソン2019 結果

スポンサーリンク

平成31年度の「第13回 東京マラソン」の結果を速報でお届けしていきます。昨年は設楽悠太選手が16年ぶりとなる日本新記録更新で大きな盛り上がりをみせました。昨年に続く日本勢の好タイムに期待が高まります!


一平ちゃん
目指せ!!2時間10分台!!
sunさん
今秋・9月15日開催予定のMGC出場権をつかみとるのでやんす!
コルネ氏
車いすマラソンにも注目でしゅ
  • 日程:2019年3月3日(日)
  • テレビ中継:日本テレビ系で放送されます。

【関連記事】
別府大分毎日マラソン 結果

スポンサーリンク

東京マラソン2019 結果

25.0キロ

先頭集団が25キロを約1時間13分30秒で通過。カロキ、チュンバ、レゲセの3選手が先頭争い。日本人トップは佐藤悠基。30キロ手前でチュンバがやや遅れだす。29キロ付近で大迫傑がリタイア。

30.0キロ

先頭集団が30キロを約1時間28分15秒で通過。ペースメーカーが役目を終え、トップはカロキvsレゲセの勝負へ。32キロ付近、レゲセが単独トップ。

35.0キロ

トップのレゲセが35キロを約1時間43分で通過。少し遅れて2位はカロキ。5位は日本人トップの佐藤悠基。7位・堀尾謙介、8位・藤川拓也、9位・高久龍が続く。

40.0キロ

トップのレゲセが40キロを約1時間58分で通過。悪コンディションの中で、すごいタイムがでそうです。 レゲセが2時間4分台でフィニッシュ!!

2018年の結果
5.0キロ

東京マラソンがスタート!!縦長の先頭集団でレースが進む!井上大仁、設楽悠太らが快調な走りを見せる。8キロ過ぎ、先頭集団が2つの集団に分裂。記録が出やすいコースだけに好タイムにも期待が注がれます。

10.0キロ

先頭集団は約10名ほど。間に数選手を挟みその後ろにもう1つの集団でレースが進む。先頭集団には海外招待選手の中に、井上大仁、設楽悠太、市田孝が快走中!

15.0キロ

先頭集団と第2集団の差が少し開いた。先頭集団に井上大仁、設楽悠太、市田孝が快走中!大会2連覇を狙っていたウィルソン・キプサングが遅れだす。アクシデントか?!世界記録を目指したウィルソン・キプサング(ケニア)がまさかのリタイア!!残念です。第2集団は約17名ほど。18キロ過ぎ、先頭集団後方で踏ん張る市田孝がんばれ!

20.0キロ

約10名ほどの先頭集団でレースが進む!市田孝やや遅れだす。折り返し地点を通過。設楽悠太が積極的に前に出る!ケニア勢とどう戦うのか?!でるか?!日本記録!!先頭集団の海外選手はフェイサ・リレサ、ビンセント・キプルト、ディクソン・チュンバなど。

25.0キロ

約10名ほどの先頭集団でレースが進む!その中には井上大仁、設楽悠太が快勝中!ビンセント・キプルトがやや遅れだす。先頭集団にはサイモン・カリウキ(日本薬科大)も激走中!まもなく30キロ。

30.0キロ

日本記録を上回るペースで通過!設楽悠太がやや先頭集団から遅れだす。先頭集団は6名!

35.0キロ

先頭はアモス・キプルト、ギデオン・キプケテル、ディクソン・チュンバの3名!その後ろにフェイサ・リレサ、井上大仁。その後ろにサイモン・カリウキ、設楽悠太。37キロ過ぎ、ディクソン・チュンバがやや前に出た!井上大仁、設楽悠太の2時間5,6分台の好タイムでるか?!38キロ過ぎ、設楽悠太が井上大仁と並び追い越したー!

40.0キロ

先頭はディクソン・チュンバ!3位には設楽悠太が驚異の追い上げ!40キロ過ぎ、設楽悠太がついに2位浮上!!沿道からは大声援が起き起こる!!2時間6分台は確実か?!

最終結果

2019年2018年
車いすマラソン(男子)の優勝はマルセル・フグ選手!

車いすマラソン(女子)の優勝はマニュエラ・シャー選手!

男子の優勝はビルハヌ・レゲセ選手!

女子の優勝はルティ・アガ選手!

ビルハヌ・レゲセ選手(エチオピア)が初優勝!

◆堀尾謙介、今井正人、藤川拓也、神野大地の4選手がMGCの出場権獲得!!

東京マラソン2019
順位選手名タイム
優勝ビルハヌ・レゲセ2時間04分48秒
2位ビダン・カロキ2時間06分48秒
3位ディクソン・チュンバ2時間08分44秒
4位サイモン・カリウキ2時間09分41秒
5位堀尾謙介2時間10分21秒
6位今井正人2時間10分30秒
7位藤川拓也2時間10分35秒
8位神野大地2時間11分05秒
9位高久龍2時間11分49秒
10位一色恭志2時間12分21秒
車いすマラソンの優勝は山本浩之選手!

男子の優勝はディクソン・チュンバ選手!

女子の優勝はベルハネ・ディババ選手!

設楽悠太選手が16年ぶりに日本記録更新!!

◆設楽悠太、井上大仁、木滑良、宮脇千博、山本憲二、佐藤悠基の6選手がMGCの出場権獲得!!

東京マラソン2018
順位選手名タイム
優勝ディクソン・チュンバ2時間5分30秒
2位設楽悠太2時間6分11秒
3位アモス・キプルト2時間6分33秒
4位ギデオン・キプケテル2時間6分47秒
5位井上大仁2時間6分54秒
6位フェイサ・リレサ2時間7分30秒
7位木滑良2時間8分08秒
8位宮脇千博2時間8分45秒
9位山本憲二2時間8分48秒
10位佐藤悠基2時間8分58秒
12位荻野皓平2時間9分36秒
13位一色恭志2時間9分43秒
14位村澤明伸2時間9分47秒

東京マラソン 近年の優勝者

年度男子女子
2019ビルハヌ・レゲセルティ・アガ
2018ディクソン・チュンバベルハネ・ディババ
2017ウィルソン・キプサングサラ・チェプチルチル
2016フェイサ・リレサヘラー・キプロプ
2015エンデショー・ネゲセベルハネ・ディババ
2014ディクソン・チュンバティルフィ・ツェガエ