大阪国際女子マラソン2020 速報 結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

令和2年の「第39回 大阪国際女子マラソン」の結果を速報でお伝えしていきます。今年もスタート&ゴールはヤンマースタジアム長居!MGCファイナルチャレンジ(女子 派遣設定記録:2時間22分22秒)の行方にも注目が集まります!

 

開催日は2020年01月26日(日)12時10分 スタートとなりますー!

福士加代子選手、小原怜選手、松田瑞生選手、谷本観月選手など日本勢の活躍に期待したいでやんす!

海外招待選手vs日本勢 今年もレース終盤にドラマが巻き起こる予感がするのでしゅ

  • 日程:2020年01月26日(日)12時10分スタート
  • 前回優勝:ファツマ・サド選手
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪国際女子マラソン2020 結果

5.0キロ

予定通り12時10分にレースがスタート!

先頭グループが5キロを約16分35秒で通過。

10.0キロ

先頭グループが10キロを約33分10秒で通過。

11キロ付近、谷本観月選手が先頭グループから遅れだす。

15.0キロ

先頭グループが15キロを約49分45秒で通過。

先頭グループには松田(選手)、小原(選手)、福士(選手)と海外招待選手の9名。

小原(選手)、福士(選手)もやや遅れだす。

20.0キロ

先頭グループが20キロを約1時間6分20秒で通過。

先頭グループには松田(選手)と海外招待選手の7名。

中間点を通過、ここまで派遣設定記録を上回るペースでレースが進む。

25.0キロ

先頭グループが25キロを約1時間22分50秒で通過。

先頭は松田(選手)とベレテ(選手)。

25キロ過ぎ、福士(選手)が棄権。

30.0キロ

30キロを約1時間39分50秒で通過。

先頭は松田(選手)とベレテ(選手)、3位にはレウェテン(選手)。

35.0キロ

先頭の松田(選手)が35キロを約1時間56分45秒で通過。

すぐ後ろにはベレテ(選手)、レウェテン(選手)が続く。

40.0キロ

先頭の松田(選手)が40キロを約2時間14分10秒で通過。

優勝はほぼ間違いないでしょう!!

松田(選手)が派遣設定記録:2時間22分22秒を上回るタイムでフィニッシュ!!

2019年

5.0キロ

予定通り12時10分にレースがスタート!先頭集団が5キロ約17分で通過。先頭集団は9人。(日本人選手は福士・小原・石井・大森の4選手)

10.0キロ

先頭集団が10キロ約34分で通過。先頭集団は9人。(日本人選手は福士・小原・石井・大森の4選手) 12キロ付近石井寿美選手が先頭集団から遅れる12.7キロ付近で福士選手が転倒するも挽回し先頭集団後方に復帰。

15.0キロ

先頭集団が15キロ約51分で通過。先頭集団は8人。(日本人選手は福士・小原・大森の3選手) 18キロ付近ジェプトゥー選手(ケニア)が先頭集団から遅れる。先頭集団は7人。 20キロ手前アフェワーク選手(エチオピア)が先頭集団から遅れる

20.0キロ

先頭集団が20キロ約1時間8分で通過。先頭集団は6人。(日本人選手は福士・小原・大森の3選手)20キロ過ぎ大森選手、アセファ選手(エチオピア)が先頭集団から遅れる。 先頭集団は4人。(日本人選手は福士・小原の2選手) 25キロ手前福士選手が先頭集団からやや遅れる

25.0キロ

先頭集団が25キロ約1時間25分で通過。(ジェプキルイ・サド・小原の3選手)4位・福士選手、5位・大森選手が続く。

30.0キロ

先頭集団が30キロ約1時間42分で通過。(ジェプキルイ・サド・小原の3選手)ペースメーカーが役目を終え離脱。30キロ過ぎ、小原選手がややペースを上げる。

35.0キロ

先頭集団が35キロ約2時間で通過。(ジェプキルイ・サド・小原の3選手) 36キロ付近ジェプキルイ選手(ケニア)が先頭集団からやや遅れるも粘りの走りでくらいつく。35キロ付近福士選手が棄権。38キロ付近、サド選手がやや前にでる。

40.0キロ

トップはサド選手(エチオピア)、2位は小原選手、3位はジェプキルイ選手(ケニア)でレース終盤へ。

 

2018年

5.0キロ

安藤友香選手を含む約15名ほどの先頭集団でレースが進む。

10.0キロ

安藤友香選手を含む約15名ほどの先頭集団でレースが進む。宮内洋子選手が先頭集団から遅れだす。12キロ付近、池満綾乃選手などが先頭集団から遅れだす。

15.0キロ

先頭集団は7名。そして2名が離され5名に!松田瑞生選手、安藤友香選手、前田穂南選手が先頭集団で激走中!

20.0キロ

先頭集団が5名、すぐ後ろにテハダ選手が先頭集団に食らいつく走りを見せる。21キロすぎ、ゲブレセラシエ選手がやや遅れだす。これで先頭は日本人3選手に!(松田瑞生、安藤友香、前田穂南)

25.0キロ

先頭は日本人3選手!(松田瑞生、安藤友香、前田穂南)優勝争いは日本人選手の戦いに!25キロ過ぎ、前田選手が勝負へ動いた!

30.0キロ

トップは前田選手、松田選手がすぐ後ろに猛追!安藤選手は少し離されたか?!大逆転ドラマは巻き起こるのでしょうか?!31キロ付近、松田選手がトップに躍り出る!

35.0キロ

松田選手が独走態勢!前田選手は持ち前の粘りで追い上げなるか?!37キロ通過、松田選手が単独トップ!初マラソン初優勝が見えてきた!

40.0キロ

松田選手が単独トップ!初マラソン初優勝へ、ラストスパート!

 

最終結果

2020年2019年2018年

◆松田瑞生選手が2度目の優勝!

大阪国際女子マラソン2020 結果
順位選手名タイム
1位松田瑞生2時間21分47秒
2位ミミ・ベレテ2時間22分40秒
3位シンタエフ・レウェテン2時間23分03秒
4位メスケレム・アセファ2時間23分31秒
5位リサ・ウェイトマン2時間26分02秒
6位ボルネス・ジェプキルイ2時間26分24秒
7位山口遥2時間26分35秒
8位ファツマ・サド2時間27分18秒

◆サド選手(エチオピア)が優勝!

◆中野円花選手がMGC出場権獲得!

大阪国際女子マラソン2019 結果
順位選手名タイム
1位ファツマ・サド2時間25分39秒
2位小原怜2時間25分46秒
3位ボルネス・ジェプキルイ2時間26分01秒
4位中野円花2時間27分39秒
5位阿部有香里2時間28分02秒
6位田中華絵2時間28分42秒
7位田中智美2時間29分03秒
8位大森菜月2時間29分15秒

◆松田瑞生選手が初マラソン、初優勝!

大阪国際女子マラソン2018 結果
順位選手名タイム
1位松田瑞生2時間22分44秒
2位前田穂南2時間23分48秒
3位安藤友香2時間27分37秒
4位アニャ・シェール2時間29分29秒
5位吉田香織2時間29分53秒
6位小﨑まり2時間30分03秒
7位グラディス・テハダ2時間30分44秒
8位水口瞳2時間33分10秒

大阪国際女子マラソン 近年の優勝選手

年度優勝者
2013福士加代子
2014赤羽有紀子
2015エレナ・プロコプツカ
2016福士加代子
2017重友梨佐
2018松田瑞生
2019ファツマ・サド
2020松田瑞生