ボストンマラソン2019 結果

スポンサーリンク

2019年の「第123回 ボストンマラソン」男子の結果を速報でお届けします。昨年は川内優輝選手が見事優勝!(日本人選手31年ぶり) 今年は川内優輝(選手)、井上大仁(選手)、園田隼(選手)などが出場予定。川内選手の大会連覇に期待が膨らみます!


一平ちゃん
ボストンマラソンの季節がやってまいりました~!
sunさん
伝統の大会で日本人選手の活躍に注目でやんす!
コルネ氏
夢の1.2.3フィニッシュがみたいのでしゅ
  • 日程:2019年4月15日(月)
  • 日本時間:23時00分スタート!
スポンサーリンク

ボストンマラソン2019 結果

マラソン(女子)はウォックネシュ・デゲファ選手が優勝!

車いすマラソン(男子)はダニエル・ロマンチューク選手が優勝!

車いすマラソン(女子)はマニュエラ・シャー選手が優勝!

5.0キロ

予定通りレースがスタート!

5キロを約15分10秒で通過。

日本人選手を含む大きな先頭集団でレースが進む。

10.0キロ

10キロを約30分20秒で通過。

川内選手が先頭集団から遅れる。

15.0キロ

15キロを約45分45秒で通過。

井上選手、園田選手、木津選手が先頭集団(25名ほど)、30秒ほど遅れて川内選手が続く。

20.0キロ

20キロを約1時間1分15秒で通過。

井上選手、園田選手が先頭集団(20名ほど)

先頭集団が縦長になり1つ目の勝負所をむかえる。

木津選手がやや遅れ、川内選手も先頭から1分以上遅れる。

25.0キロ

25キロを約1時間16分20秒で通過。

井上選手が先頭集団(15名ほど)

30.0キロ

30キロを約1時間32分で通過。

井上選手が先頭集団(15名ほど)

井上選手が先頭集団からやや遅れる。

35.0キロ

35キロを約1時間47分15秒で通過。

先頭集団が8名ほどに。

40.0キロ

40キロを約2時間1分45秒で通過。

優勝争いはデシサ、キプケモイ、チェロノの3選手に絞られる。

最終結果

ローレンス・チェロノ選手(ケニア)の優勝!!

2019年
順位選手名タイム
優勝ローレンス・チェロノ(ケニア)2時間7分57
2位レリサ・デシサ(エチオピア)2時間7分59
3位ケネス・キプケモイ(ケニア)2時間8分07
4位Felix Kandie(ケニア)2時間8分54
5位ジェフリー・キルイ(ケニア)2時間8分55
12位井上大仁2時間11分53
17位川内優輝2時間15分29
18位園田隼2時間15分58

ボストンマラソン 近年の優勝者

年度男子の優勝者
2019ローレンス・チェロノ(ケニア)
2018川内優輝(日本)
2017ジェフリー・キルイ(ケニア)